ママ必見!!子供ヘアアレンジブログ

へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が参考にしていただけるように記事にしています。

*

髪にも頭皮にも使える椿油のオススメの使い方を紹介

      2015/10/01

Pocket

tubaki57

こんばんは、ここあです。

台風に備えて色々と予定をキャンセルしていたのですが
私の住んでるところは少し雨が降ったぐらいで
対した被害はありませんでした。

台風がすぎたらいきなり気温も上がって
暑くてジメジメして夏になったなって感じがしてきましたね。

夏は紫外線が増えるので髪が傷みやすい季節です。

今回は椿油を使ったヘアケアの方法を紹介します。

夏は紫外線も増えるのでキューティクルが剥がれていると
そこから水分が蒸発して髪の毛がパサパサになってしまいます。

髪から水分を蒸発させないためにはトリートメントなどをして
キューティクルの上から新しく髪をコーティングする必要があります。

椿油にはトリートメントと同じ効果があり
髪に塗ると髪を優しくコーティングしてくれて
髪の毛から水分が蒸発するのを防いでくれます。

椿油はトリートメントとして使えたり
スキンケアや頭皮のケアにも使えるのでとてもオススメです。

それでは椿油を使ったヘアケアの方法を紹介します。

トリートメントの変わりに椿油を使う方法

シャンプーをした後に、洗面器に半分ぐらいお湯を張ります。
お湯の中に椿油を3?4滴垂らして良くかき混ぜたら
お湯の中に髪を入れて毛先をもむようにしてなじませてください。

毛先にしっかりお湯をなじませたら
椿油入りのお湯を使って頭皮をマッサージしながら
髪全体へお湯をなじませてください。

髪になじませたらシャワーなどで洗い流さずに
タオルで優しく拭いてください。

後はお風呂上がりに髪を乾かせばOKです。

椿油でトリートメントすると
髪のパサつきを抑えて髪がまとまりやすくなります。

洗い流さないトリートメントの変わりにも使える

椿油は洗い流さないトリートメントの変わりにも使えます。

使い方は

お風呂から上がった後にタオルで優しく髪を拭いたら
椿油を手のひらに少し垂らしてください。

手のひらに椿油を垂らしたら良く伸ばして
毛先を中心にもみ込むようになじませます。

毛先にもみ込んだら優しく手グシをしましょう。
つげ櫛などを持っている方はつげ櫛を使って髪をとかしましょう。

ドライヤーの前に
キューティクルが剥がれやすい毛先を中心に椿油をつけると
ドライヤーの熱で蒸発する髪の水分を少なく抑えてくれます。

髪が傷んで毛先がパサパサしている人には必須のケアケアです。

つけすぎてしまうと髪がべたついてしまうので
最初は1滴から試してみるのが良いと思います。

1滴だと少ないと思うかもしれませんが
1滴でも効果を感じることが出来るので
つけ過ぎには注意してください。

頭皮ケアにも椿油は使える

シャンプーの前の頭皮と髪は乾いた状態で
手に椿油を3?4滴垂らして伸ばします。

手に伸ばした椿油を頭皮全体になじませながら
頭皮を傷つけないように指の腹を使ってマッサージをします。

小さく円を描くように頭皮をマッサージして
頭皮全体に椿油がなじんだら
15分ほど置いておきましょう。

この時に、タオルで頭を巻いておくと効果が上がります。

15分置いたらシャンプーをして髪を良く流しましょう。

シャンプーの後にしっかり髪をすすがないと
頭皮に椿油が残ってしまうのでよくすすいでください。

シャンプーをしていた時間以上すすぐようにすれば
頭皮にのこった油をキレイに洗い流すことが出来ます。

椿油を使って頭皮ケアをすると
毛穴につまった油をうかせてくれるので
今まで落ちなかった油もシャンプーだけでキレイに落ちるようになります。

椿油はべたつきが少なく匂いもあまりしないので
使いやすくて人気です。

値段もそれほど高くはなく、使う量もすくないので
とても手軽に出来るヘアケアです。

なので、興味のある人はぜひ試してみてください。

Pocket

 - 未分類