ママ必見!!子供ヘアアレンジブログ

へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が参考にしていただけるように記事にしています。

*

【髪質の診断方法を紹介】自分にあったシャンプーを選ぼう!!

      2017/12/20

Pocket

 

夏は紫外線が強かったり、汗をよくかくようになるので髪の毛が傷みやすい季節にです。夏はしっかりヘアケアをしていないと髪の水分がなくなって、髪がパサパサなったりします。今回の記事では自分の髪質を診断して自分にあったシャンプーを選ぶ方法を紹介します。

 

 

 

自分の髪質を診断する方法

 

 

まずは自分の髪質を診断しましょう。髪質を診断するために、まずは髪の毛をキレイに洗いましょう。コンディショナーやリンスなどにコーテーング材が含まれていて、髪の毛にシリコンなどをコーティングすることで髪をサラサラにしたり髪をツヤツヤにしたりします。

 

髪の毛にコーティングがされてる状態だと、自分の本当に髪質はわかりません。

 

まずはしっかり髪の毛を洗って髪質が診断できるようにしましょう。

 

 

 

髪質診断するための髪の洗い方

 

 

髪の毛を洗うときはコーティング材の入ってるものやリンスinシャンプーは使わないでください。コーテング材の入っていないシャンプーとはノンシリコンシャンプーのことをいいます。

 

 

髪を洗うときは今まで髪につけてきたコーティングが落ちるように2度洗いをしてよく髪を洗ってください。ノンシリコンシャンプーなどのコーテング材が入ってないシャンプーを持っていない人は、髪の毛を洗ったあとによくシャワーで流してください。

 

 

髪を洗ったあとはリンスやトリートメントをしないでシャンプーをよく流しましょう。髪についてるシャンプーをよく流したら洗いは終了です。

 

 

 

 

自分の髪質を診断しましょう。

 

 

 

髪の毛をしっかり洗うことができたら髪の毛を乾かして自分の髪質を診断しましょう。普段はシャンプーの後にコンディショナーをしたりリンスをしたりしていると思いますが今は髪の毛に余計なコーテングはされていません。

 

 

今の状態が本来のあなたの髪質です。

 

 

今の状態で

髪の毛の堅さと太さ
髪の毛の水分量
髪の毛の痛み具合

この3つを調べましょう。

 

 

髪の毛の堅さと太さを診断

 

 

今の状態で髪の堅さと太さを調べてみましょう。

 

髪の毛を少し束ねて指で押して弾力をしらべてみましょう。いつもトリートメントをしているときより髪質が堅くかんじます。指で押した感触で固めか柔らかめのシャンプーを選びましょう。

 

 

 

髪の毛の水分量を診断

 

 

髪の毛の水分量を調べる方法は乾いた髪の毛に霧吹きで水を吹きかけるだけです。

 

霧吹きがない場合は手を少しだけ濡らして髪の毛を濡らしてください。髪の毛を濡らしたとき、髪や頭皮から水滴がたれてきたら髪や頭皮の油が多いタイプです。

 

髪の毛を濡らしたとき、髪がすぐに水分を吸収されたら髪や頭皮の油が少ないタイプです油が多いタイプの人はさらさらタイプのシャンプーを選び、油が少ないタイプの人はしっとりタイプのシャンプーを選びましょう。

 

 

 

髪の痛み具合を診断

 

 

髪の毛に水滴が残っている人はキューティクルがささくれているので髪が傷んでいる証拠です。可能なら傷んでる部分をカットすることをオススメします。

 

 

いつもはトリートメントをして髪がまとまっていても、1度髪の毛に付いているコーティング材をとるとこんなにも違うのかとショックを受けるかもしれません。

 

ですがそれが本来の髪質です。

 

 

髪の毛が乾いた状態で

クシが通りやすいか
髪が広がっていないか
髪が絡まっていないか

をチェックしてみましょう。

 

 

髪が傷んでいると、髪が絡まったり髪がボサボサして横に広がったり髪が絡まったりします。トリートメントやリンスをしていない状態でクシがよく通ったり、髪が広がったりしない人は十分にキレイな髪と言えます。

 

 

 

そういう人はトリートメントをして余計に髪の毛をコーテングするのはやめて、コーテング材が入ってない栄養素の高いトリートメントを選びましょう。

 

 

髪の毛が傷んでると感じる人は1度美容室に行ってカットしてもらうのが良いと思います。髪は1度傷んだら元に戻ることはないので、傷んだ髪の毛は1度切って日頃しっかりヘアケアをして髪の毛が傷まないようにしましょう。

Pocket

 - 髪について豆知識