ママ必見!!子供ヘアアレンジブログ

へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が参考にしていただけるように記事にしています。

*

妊娠中のヘアカラーについて

      2016/08/03

Pocket

こんばんわー☆

先日は、出産後の抜け毛についてお話しました。

今日は、妊娠関係といたしまして、

妊娠中のヘアカラーリングについて

お話したいと思います。

 

 

 

現在、妊娠中の方は聞いたことが既にあると

思いますが。

 

 

妊娠中のヘアカラーリングは

身体によくありません。

 

 

もともと、ヘアカラー剤は髪や

頭皮にいいものではないこと

皆さんご存知ですよね?

 

 

染めれば髪はパサパサになるし、

枝毛もひどくなります。

 

このカラーリング胎児への影響は

ほぼないとされています。

 

 

体には良くない薬だから影響は

少なからずある!!(私的には)と

言いたいところですが

医学的な根拠がある話でもないので

強く言えないのが事実です。

 

 

が、母体への影響は、いろいろとあります。

・体への負担が大きい事。

 

 

長時間座っている状態ですので

腰に負担がかかります。

 

 

また、美容院でのシャンプーは

仰向けに寝っ転がってするシャンプー台が

多いので体もしんどいと思います。

 

 

・薬剤の体への影響

 

 

妊娠中は大好物が食べられなくなったり

嫌いだったものが好きになったりと

体質が変わります。

 

 

その為、今までなかった薬剤カブレや

薬剤の匂いで気分が悪くなったりすることがあります。

 

 

私の友達の美容院で妊婦さんと知らずに
(あまりお腹が目立たない時期)

施術した所、戻してしまった方もいらしたそうです。

 

 

 

・染まりにくい

 

 

妊娠中のカラーリングは妊娠前よりも

染まりにくく思った色がでなくなる例が

多数報告されています。

 

以上が、母体に関しての影響です。

 

現時点で、胎児への悪影響は

立証されてないとしても

肌から体内に吸収される

仕組みになっている薬品成分は

肌から吸収され血液に乗って

全身を駆け巡ると言われています。

 

 

という事は血液を介して栄養を吸収している

胎児に頭皮から吸収したカラーリング剤の

化学成分が影響を与える可能性は

ゼロとは言えませんよね(´・ω・`)

 

 

悪影響が立証されていないと同時に

安全性が確認されているわけでもありません。

 

 

10ヶ月間は少し長いかもしれませんが、

赤ちゃんや自分の体のことを考えて

妊娠中はカラーリングは控えた方が

良さそうです。

 

 

何かあってからでは遅いですし、

出産後であればカラーリングなんていくらでも

できますよ(´∀`)♪

 

最近は妊婦さんでもオシャレさんたくさんいますからね!!

それに今は妊娠してなくても

いずれ女性は妊娠して子供を産むモノですから

少しでもこういう事をたくさんの方に知ってもらいたいです♪

 

 

Pocket

 - 髪について豆知識