ママ必見!!子供ヘアアレンジブログ

へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が参考にしていただけるように記事にしています。

*

覚えると便利!!ヘアアイロンをうまく使うコツを紹介!!

      2016/03/10

Pocket

 

20140412154210415

ヘアアイロンを上手に使うことで髪型を綺麗にセットできます。

可愛い髪型にしようと思う人はぜひヘアアイロンのコツを覚えてみてください。

今日は、ヘアアイロンをうまく使うコツをご紹介いたします!

 

 

 

 

まず、ヘアアイロンには種類がある事はご存知ですよね?

 

ストレートアイロン
カールアイロン
ワッフルアイロン

 

この3種類になります。

今日は、この3つのヘアアイロンを
うまく使うコツをそれぞれご紹介したいと思います!

 

 

・ストレートアイロンをうまく使うコツ

 

 

まず、ストレートアイロンは、
髪をストレートにするアイロンですが、
髪をストレートにしたいからといって、
やみくもにアイロンで挟んでも意味がありません。
まずは、きちんとブロッキングをしましょう。
髪は、いくら外側をストレートにしても
内側がしっかりストレートになっていないと、
綺麗なストレートにはなりません。

 

 

まずは、髪を左右に分け、
それをしたから少なくとも4分割ほどにして、
下からかけていきましょう。

 

このとき、力をすごい加えて
無理に引っ張ったりする人がいますが
絶対にやめてください。

 
すーっと滑らかに、髪が通るくらいの力に
しておきましょう。
ここで、髪を挟み過ぎてしまうと、
髪がもろくなったりする原因に
なってしまいます。

 

また、同じ場所を何秒も挟んでおくと、
そこからばたんと切れてしまう恐れが
ありますので、スムーズに下に
下ろしていきましょう。

 

髪にアイロンをかけるときは
髪に、アイロンの保ちをよくする
スタイリング剤をつけてから、
なるべく根元からかけていきましょう。

 
一回に取り分ける量は
アイロン板の幅以下であれば良いです。
なるべく、薄めにとりましょう。

 

 

 

・カールアイロンをうまく使うコツ

 

 

カールアイロンは、部分的に、
髪にカールを持たせるために使用します。
そのため、カールをつけたい場所以外に
使ってしまうと、ヘアスタイルが
決まらなくなりますので気をつけてくださいねっ。

 

 

まず、こちらもブロッキングから
入りましょう。
ストレートアイロンと同じように、
左右に分けながら横に4分割以上して
下から巻いていきます。

 

 

この時、注意していきたいのは、
巻きつける方向。
内巻き外巻きがあります。

 
これを間違えると、
印象が本当にガラッと変わってしまいますので
気をつけてくださいね。
私オススメは、顔周りは内巻きにする、
外巻きと内巻きのランダム巻きがオススメです。

 

 

カールアイロンも、カールを長持ちさせる
スタイリング剤をつけ、
乾いてから下から巻きつけていきましょう。
毛先が内側を向くと内巻き、
外側を向くと外巻きとなりますので。
注意してくださいね。

 

 

一回に巻く髪はなるべく細いほうが
イイと思います。
なるべく薄く持ち、使うカールアイロンの
直径までの幅の量あたりがベストだと思います。

 

 

それ以上、多くすると、綺麗に巻けないことがあるので、やめておきましょう。

 

 

 

 

・ワッフルアイロンをうまく使うコツ

 

 

ワッフルアイロンも、カールアイロンと同様、
部分的にかけたい部分に使うものです。

 

一度、かけてしまうと、
さらにストレートアイロンをかけない限り、
元には戻りませんので注意して下さい。

 

 

ワッフルアイロンも、ストレートアイロンと
カールアイロンと同様に、まずはブロッキングをしましょう。
左右にわけ、上から横に最低4分割以上していきます。

 

なるべく薄めに、とりわけたら、
数秒、アイロンで挟みます。
話すとナミナミになってるので、それを
やりたいところに付けていきましょう。

 

 

同じ高さにしていくこと意識しましょう。
頭のてっぺんを真ん中として
そこから放射状にしていくと、
綺麗につけることができます。

 

ストレートアイロン、
カールアイロンとともに、
同じ場所をずっと挟んでいると
傷みを倍増させ、さらにはそこから断髪に
なってしまうので、気をつけてください。

 

 

以上、ヘアアイロンをうまく使うコツでした!

Pocket

 - ヘアアレンジ基礎知識