ママ必見!!子供ヘアアレンジブログ

へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が参考にしていただけるように記事にしています。

*

ヘアカラーを綺麗に仕上げる!セルフカラーリングのコツを紹介

      2015/10/01

Pocket

lgf01a201409100300

こんにちは、ここあです。

ついに夏休みになりましたね。

学校のがある日は時間ギリギリまで寝てたくせに
夏休みになった途端無駄に早起きになっていた思い出があります。

休みになるとワクワクして早起きしちゃうんですよね。笑

これから毎日子供が家にいると思うと
大変だなって思うお母さんも多いんじゃないでしょうか?

夏になると天気も良くなるので
夏休みをむかえる子供じゃなくても
気分は開放的になってきますよね。

夏だし髪でも染めようかなって思う人に向けて

今回の記事では

綺麗にセルフでヘアカラーリングする方法を紹介します。

美容室でカラーリングすると
ムラもなく綺麗に仕上げてまらえますが
美容室でカラーリングしてもらおうと思うと
大体5000円ぐらいかかってしまいます。

自分でキレイにヘアカラーできれば
カラーリング剤の料金だけで髪の毛が染められます。

市販のカラーリング剤でもやり方をしっかりと知っていれば
美容室でやったようにキレイに髪の毛が染まります。

それではセルフカラーのやり方を紹介します。

セルフカラーに必要なもの

・カラーリング剤
(足りなくなることもあるのでちょっと多めに用意しましょう)

・ゴムリング
(髪をブロッキングするのに使います)

・アルミキャップ
(あるとすぐに髪が染まります)

・汚れても良い服とタオル
(なるべく首周りがゆったりした服を選びましょう)

・ラップ
(髪を包むのに使います)

・時計
(時間をきっちりはかるためには必須です)

・目の粗いクシ
(目の細かいクシだとクシが通らないので粗めを選んでください)

カラーリングの手順

髪を染める前は髪が汚かったり
脂っぽい場合はシャンプーでキレイに洗っておきましょう。

前洗いをする場合は
リンスやコンディショナーを使わないようにして
髪に残ったシャンプーをしっかりすすぎましょう。

髪が濡れているとカラーをしたときにムラが出来るので
髪を洗ったらしっかり髪を乾かしておきましょう。

1、ブロッキング

髪をムラなく染めるためにはしっかりブロッキングしましょう。
ゴムリングを使って髪を小分けに分けましょう。

頭全体の髪の毛を6つぐらいに分けて
髪が染めやすい状態にしておきましょう。

前髪からトップを左右2つに分けて
トップから後頭部を左右2つに分けて
襟足を左右2つに分けましょう。

2、カラー剤を塗る

箱にボトルを固定する穴があって
カラー剤を作るタイプもあるのでこぼれても良いように
新聞紙を引いて安定した場所でカラー剤を作ってください。

お風呂で作ると箱が濡れてふにゃふにゃになって
混ぜづらかったりするので最初に作っておきましょう。

カラー剤を塗る時は後ろから順番に塗りましょう。

襟足、後頭部、左右のサイド、前髪、頭のてっぺんの順番で塗ってください。

ブロッキングした部分から少しずつ髪を取り出して
塗って行くとムラがなくキレイに髪を染めることが出来ます。

目の粗いクシを使いながら塗るとキレイに塗ることが出来ます。

生え際やもみあげなどは髪の毛が薄いのですぐに染まります。

なので、全体にカラーリング剤を塗って
10分ほど立ったら生え際やもみあげを塗るようにしましょう。

3、保温しながら放置

カラーリング剤が塗り終わったら髪に色を入れるために
頭にラップを巻いて放置しましょう。

その上から汚れても良いタオルを巻いて
さらにその上からアルミキャップを被ると
保温が出来て短時間で髪に色を入れることが出来ます。

保温する理想の温度は約40度です。

アルミキャップをしてお風呂に入っていると
大体アルミキャップの中は大体40度ぐらいになります。

4、塗りムラが出来ないように髪全体をコーミングする

10分ぐらい放置したら目の粗いクシを使って
髪全体をとかしましょう。

髪には染まりづらい部分と染まりやすい部分があるので
髪をとかしながらムラがないか確認しましょう。

染まっていな部分があったら染まっている部分から
カラーリング剤をとって染まってない部分に塗りましょう。

他にもドライヤーで髪が染まってない部分に
10秒間ぐらい熱をあてて
染まるスピートを早める方法があります。

5、時間を見てカラー剤を洗い流す

ヘアカラーをする時は説明書に書いてある時間を守るのが
キレイに髪の毛を染めるのに大事なポイントです。

しっかり染めようと思って長時間カラーリング剤をつけていると
髪の艶が消えて良い色にはしあがりません。

コーミングして保温をしながら時間を待ちましょう。

時間が来たら前髪についたカラーリング剤を
汚れても良いタオルでつまんで拭き取ってください。

光に当ててちゃんと染まっているか確認しましょう。

まずは手袋をしたまま少量のお湯で
髪全体をもみ込むように洗いましょう。

頭についたカラーリング剤を流し終わったら

シャンプーとコンディショナーをして終了です。

Pocket

 - 未分類