ママ必見!!子供ヘアアレンジブログ

へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が参考にしていただけるように記事にしています。

*

あると便利!!ヘアアレンジをするときに必要な道具を紹介!!

      2016/03/10

Pocket

lgf01a201312152100

ヘアアレンジを行う際には、
揃えておくととても便利なものになります。
女子ならぜひ、揃えてみてくださいっ!

今日は、ヘアアレンジに必要な道具について、
ご紹介します。

 

 

 

 

ヘアアレンジに必要な道具を揃えておくだけで

色々なヘアアレンジをすることができます。

 

ヘアアレンジを楽しみたい人はぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

◼︎ヘアアレンジに必要な道具について

 

 

ヘアアレンジに必要な道具として、
・ブラシ、コーム
・ヘアピン類
・ゴム類
・ヘアアイロン
・ホットカーラー
・スタイリング剤
を項目別に、どんな用途で、どんなものが必要なのか
ご紹介していきたいと思います。

 

 

・ブラシ、コーム類

 

ブラシは髪を絡まりのない
きれいな状態にするためのものです。
髪に絡まりがあると、きれいなヘアアレンジが
できないので、まず、何かやる前にはきれいに
とかしておくことをお勧めします。

 

また、多くの髪を1つに束ねる際に、
髪をとかしながら、1つにまとめたりします。

 

コームは、少量の髪を取り分けたり、
表面をきれいにとかしたりする際に使用します。

 

美容師で使用しやすく、よく使用しているものは
デンマンブラシとリングコームです。

 

100均で売っているものでも構いませんので
ヘアアレンジする際には揃えておきましょう。

 

 

 

・ヘアピン類

 

–アメリカピン/スモールピン
こちら2つは髪が落ちてこないように
みなさんが日常で使用しているピンのことを言います。
アメリカピンが大きいもの。
スモールピンが小さいもの。
と覚えておくと分かりやすいですね。
こちらは、ヘアアレンジをする際に
絶対と言っていいほどよく使うものになりますので
用意しておきましょう。

 

大きさによって、使い分けていきます。

 

 

–ネジピン/オニピン

こちらは、皆さんがよく知っているUピンと
よばれているものの名称です。
ネジピンが大きいもの。
オニピンが小さいもの。
と覚えておいてください。
こちらも髪を留めておくのに使います。
アメリカピンたちと違って、
タイトに止める必要がないけど、
ここに留めておきたいという時や
立体感を出したい時などに使用します。
先を折り曲げて、髪に引っかかるようにして、
使用することが多いです。

 

毛量にて大きさを使い分けていきます。

 

・ゴム類

–紐ゴム
紐ゴムは多くの髪をたばねる際、
たるまないように、緩まないように
結びたい時に使用します。
固く結ぶことができ、解けないので
とても便利です。

 

 

–シリコンゴム

シリコンゴムは、編み込みや三つ編みなどの
編み終わりに解けないようにm住んでおくゴムに
なっています。
ヘアアレンジにて、編み込みなどのヘアアレンジを
楽しみたい方は、必要なものになりますので
用意しておきましょう。

 

 

・カールアイロン

カールアイロンは、髪をカールさせ、
ふんわり感を出すのに必須のアイテムです。
ふんわり感を出しておかないとバランスが
取りづらくなってしまいます。
たとえ、ふんわり感を出さないような
ヘアアレンジでも、髪にカールをつけ
髪同士がしっかりと絡まるようにするのが
カールアイロンを使用する理由です。

 

・ホットカーラー

カールアイロンと同じように、髪をカールさせるものです。
こちらは、やけどなどの心配がないので
お子様にも使用していただけます。
使い方を少し練習しないとですが、
より安全でキツめのカールを
毛先につけることができます。

 

・スタイリング剤

最後にスタイリング剤です。
アイロンを使用する際に
カールを長持ちさせてくれるスタイリング剤、

 

髪同士を扱いやすくしてくれる
ワックス、

ヘアアレンジが完成した際に
持ちを良くするヘアスプレー

 

の3点が主に使用するものになっています。
いろんなメーカーから様々なものが出ていますので
ここでは、私が良く使っているオススメの
スタイリング剤をご紹介いたします。

 

さて、いかがだったでしょうか?
主に、道具についてはアイロンとカーラー以外は
100均にて揃えられるものばかりですね。

 

ぜひ、この機会に揃えて、ヘアアレンジを楽しんでください♪

Pocket

 - ヘアアレンジ基礎知識