ママ必見!!子供ヘアアレンジブログ

へアアレンジを動画や画像で紹介しています!!その他にも髪についての豆知識なども元美容師の私が参考にしていただけるように記事にしています。

*

ヘアアレンジが苦手な人へ!正しいコームの使い方を紹介!!

      2016/03/10

Pocket

 

IMG_1534

コームを上手に使いこなせるようになるとヘアアレンジのレベルが格段に上がります。

ヘアアレンジが苦手な人は是非コームの使い方を覚えてみてください。

今回の記事ではコーム、櫛の名称と、正しい使い方をご紹介します。

 

 

 

 

まず、コームの名称ですが、
下の写真を用いて、説明しますね。

 

・歯先
頭皮に対して、髪の毛を引き起こすものです。
ここを引っ掛けて、絡まっているところを解いたりします。髪をとかす時には、ここを頭皮に突き立てるようにします。

 

 

・歯
髪を垂直に立てるためのものです。
この歯で、髪を左右に分けて梳かしていきます。

 

 

・歯元
髪を一線にそろえて、面を綺麗に整える役割があります。

 

 

・胴
コーム全体の支えとなり、バランスをとる役割があります。

 

・柄
髪を線引き、分けとる際に使います。
ここを使って細かいとりわけなどを行います。

 

 

以上が、コームの名称になります。
名称をしっかり覚え正しく使えるように
していきましょう。

 

 

続いては、コーム、櫛の使い方をご紹介します。

 

 

 

 

◼︎持ち方

 

 

 

持ち方は、使う場所によって変わってきます。
場所は基本的に変わりませんが、角度が変わってきます。

 

使う指は、親指、人差し指、中指、薬指の4本

 

3本でつまんで持ちながら、薬指の背で支えていきます。
歯を使うときも、柄をつかうときも、指の位置は、歯と柄の切り替え部分にあり、
歯を左がわにした状態で、胴の背中部分を立てて、持ちます。
歯を使うときはそのままの向きで、歯先を頭皮に立てて、使用していきます。
柄を使用する場合は、柄を前に持ってきて、鉛筆を持つような感じで持ちます。

 

 

 

◼︎歯側の使い方

コームを使って、髪を梳かしたことがない方以外は、すでにご存知だと思いますが、
使用したことがない方向けに、
使い方をご紹介します。

 

 

歯先を頭皮に当て、
髪をすくい上げるように、
髪を歯に絡ませながら梳かしていきます。
頭皮に対して歯の角度が違う90度になるように
頭皮を基準に頭皮の丸みをえがくよう、
角度を変えて髪を梳かしていきます。

 

 

よく、頭皮に対して、櫛を平行に入れ、
梳かす方がいらっしゃいますが、
ヘアアレンジの際に使うとなると、
せっかく作ったスタイルの面が
崩してしまいかねないので、
コームは正しく使っていきましょう。

 

 

 

◼︎柄の使い方

 

 

髪を取り分けたりする際に使用する柄は、
頭皮に対して、角度高めに使用してしまうと、
安定感が全くなくなり、さらには危険なので
柄はなるべく頭皮に近い部分に
寝かせて使うことが好ましいです。

 

 

また、分けとるために、
柄を滑らせる着地地点に指を置いておくと、
比較的綺麗に分けとるスライスをすることが
できますので、指を置いて取り分けてみてください。
また、とり分ける際には柄だけではなく、
歯の先頭のところでも、とりわけられるので、こちらも試してみてくださいね。

 

 

さて、名称、使い方についてのご紹介は
以上になります。

 

コームを上手に使えるようになるには
数をこなすことです!
習うより慣れろ!ですねっ。笑

 

 

コームが上手に使えるようになると、
ヘアアレンジの質が格段に
アップしていきます!

 

また、効率も良くなり、
仕上がり速度も上がりますっ!

 

 

基本的な事って、応用や方が大事だと
思われることが多いですが、
やはり、基本中の基本をきちっとすることで
きれいに仕上げることができるんですよね。

 

基本、侮ることなかれ!

 

基本をきちっとして、
質の良いヘアアレンジを仕上げるべく、
参考にしていただけたら幸いです!

Pocket

 - ヘアアレンジ基礎知識